2004年10月に無職で日本語力ゼロのアラブ人と

結婚し、自分自身はイスラム教徒になったわけですが。

昨年、14年の結婚生活に一区切りつけ

現在は、一人次なる人生を歩み始めました。

 

いまから思えば、周りのアドバイスも聞かず無謀なチャレンジをしたわけですがw

いまとなっては

本当に様々な能力を伸ばしていただき、かわいい息子も授かり、家族にも尊重され見守られていたのだと感じます。

旅行にいく程度の英語力で結婚し、元夫は日本語力を伸ばし続け、無職から自営業者になる程のエネルギーの持ち主ですから、本当に信念の強い人間だと!思います。

 

家族それぞれの道に進んで行きますが、お互いにさらにパワーアップしていこうと思います!

これからも頑張って行こうと思います♪

 

ムスリマ(イスラム教徒の女性)として、お祈りをしたり、ラマダーン(断食月)の断食を行ったり、アラビア語をちょっと習得したり、日本にいてはできない経験をさせてもらいました。

 

結婚当初は、仕事を掛け持ちし家庭での責任を果たし、さらに家事もこなす。

初手続きや、自分自身の事と

更に、相手の事も増えて

日本語と英語の日々で脳内はぐちゃぐちゃになり

毎日が疲労困憊でした。

 

外国人と結婚する~というメリットの裏に

色々な壮大な課題があることなんて知りませんでしたから(笑)

しかし

周囲に反対されたりしたことが

わたくしの「やり抜く!」「成功する!」という決意を固め、ここまで来れたのだと思います。

忍耐力が本当に付きました✨

 

元々、「世話好き」な為に世話を焼く相手を存在させたのですが…

一見、面倒見がいい!ですが

潜在意識の奥では

『この世には、(私のように)世話を望んでいる人がいるのだから、痒いところに手が届く程に、世話をしてあげろよ!』という、深い意識が働いていたからです。

 

幼少期は

親に世話をしてもらうことは当然です。

それは

世の中、社会のルールもまだまだわかりませんし

自分で自分を守る術がなく

大人の保護の元で様々な学びが必要であり

自分自身の才能や能力を日々高めながら、成長していくことが目的だからですね。

 

 

やがて

一つ一つ

自分自身の力で、やり遂げられる能力が着くと

一つ一つ

親が、保護の解除をしていくのです。

 

その時に

大人がしてくれて当たり前!だった、日常に変化が起き「なんで~、わたしが~やるの~」という抵抗が起き始めます。

これは、大人が【大変よくできました】の太鼓判を押してくれ、次からは自分で試行錯誤してやってみて、自分の力にするんだよ♪頑張れ!と

一つ一つ卒業証書をくれている感じですよね

 

子どもの意識というものは

楽して直ぐに得たい!というものなので

自分でやるということは

得るまで、苦しくて時間が掛かる…という

ストレスが起こりますよね

 

まぁ、当たり前化すれば

どうってことないのですが。

 

卒業証書頂いたときに生まれるストレスの一つが

トラウマ、ストレス

と、呼ばれるものです。

 

既に読んでいてお気づきの方もいるでしょうが

トラウマやストレスこそ

自分の能力を上げ

自分の才能を造り出せた

ということなのです

 

『あの時~』と思うものほど

いまの自分の当たり前の能力を作り出した!んですよね✨

 

今が変わると

過去を変えられ

未来が変わります