本当に人見知りなのかを確認しよう

「人見知り」と自らが言う人へ質問です

Q.どんな自分が人見知りと感じますか?

そう感じることを全て書き出しましょう~

〈例〉

自分から話掛けられない

自分に自信がない

話題がない

 

色々あると思うのですが、思い付くことを全部書き出しましょう

 

書き出したら声を出して読んでみましょう

そして、「人見知り」と感じる、自分の部分。

『あの人みたくできたらいいな~』という人がいままで、周りにいたはずです。

その人はどんな風にしているか?をイメージしてみましょう。

そして、次に

それをしているその人の背中から、自分の意識を入れて、その人になってみましょう。

どんな気持ちがしますか?

どんな風に、行動したり、考えたりしていますか?

 

自分が人見知りであること…

自分が人見知りであることにはメリットがある。

人見知りでいる自分。

そのメリットってなんでしょう?

 

先程の例から…〈例〉

*自分から話掛けられない

相手が気にかけて話掛けてくれるので、自分が行動しなくていい

 

*自分に自信がない

自分のいいところを、相手が言ってくれて、積極的に励ましてくれる

 

*話題がない

話題を探さなくてよく、周りの質問に答えるだけでよく、考えなくていい

 

というようなメリットがあると思いますので、一つ一つ書き出したことのメリットを書きましょう。

 

結果は目的。人のスタートはメリットがある

現状で悩んでいたり、相当苦しいのであれば、人は本気で変わりたい!と、強く思うので自分を変える努力をします

何となく「人見知りです」ということ。さらに、それを止めていないのであれば、自分自身にメリットがあるからです。

そして、それを止めてしまうと、いままで、貰えていたモノを失うこと…

止める為の行動や努力をしたい!と思っていないので、続けるのです

 

人見知りと言う人が接客業に就く?!

表層意識では「人見知り」人と接するのが苦手と感じている

なぜ、そんな人がわざわざ人に関わる仕事【接客業】につくのでしょう?

深層意識では、このままではヤバい!と知っているので(究極は人と一切接しない)、強制的に真逆へいこうとします。

接客業という仕事であれば、イヤでも【お金のために仕方なく…】となるわけです

究極の回避をした結果、そういう仕事に就き

人とのコミュニケーション力を付け、会話力がつき、人との関わりを仕事という形で習得します。

 

イヤイヤやることが…

「人見知り」のスタートは、周りが自分をチヤホヤしてくれるのが当たり前だった幼少期

自分は黙っていても、周りが声掛けてくれたり、誘ってくれたり、手を焼いてくれていたんですね

『ワタシは何もしなくても、周りが構ってくれるんだ』

『構ってもらえる自分には価値がある、受け入れられている』

『周りが自動的に声を掛けてくれないなら、価値がない、受け入れてもらえてない』

『気に掛けてもらえない自分はダメなんだ』

『自分には価値がない』『受け入れてもらえない』

だったら、こっちから声を掛けない!

 

相手が嫌ってるなら、こっちも嫌いだ!

『周りが受け入れてくれない』

と感じるのは、自分自身の深層意識にある攻撃的な部分が『受け入れないぞ!』と鏡写しになっているからですね。

受け入れてもらおうと、周りにモノを与えたり、自分を弱く(体調不良になる、劣る部分をつくる)して「○○なところがいいところですよ」と誉めてもらって、周りからの評価をもらっていませんか?

 

こういった部分も、インナーチャイルドをしっかりとしつけ、教育し、成長させると、自分自身はすっかり変わりますよ♪

本当に脳が変わったな~と感じますよ✨

 

 

 

 

 

Mind Theater
潜在意識から自己価値と美意識を昨日より成長させる
コツコツセラピスト
http://mindtheater7.com
 
 
 
ーーーーーーーーー
過去の記事
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

理想の母親像に縛られ過ぎて、自分を母親失格と感じてしまう‥こんなママでゴメンね…

 

 
 
Mind Theater LINE@
友だち追加

 
 

Mind Theater メルマガ
【ワタシを幸せにできるのはだれ?】