ふらつきが治らない

数年前、片耳が突発性難聴になった母

それ以来、ふらつきが出て完治しないことを時折、嘆いていました

しかし、突発性難聴については

1年程で良くなっているのです

主治医には「この年齢でここまで聞こえるのは、素晴らしいね」と言われ励みになったようです

 

自分自身は過去の一番いい状態としか比較しない

両親は70を越えています

父は昔から、健康を気遣い、身体が重くなると食べる量を調整し、庭仕事を増やし、調子が悪いと無理をしない。基本的な事をしているように思います。

母は、子育て期に朝から晩まで懸命に働き、よく遊び、よく食べた人で、本当にエネルギー全開です。自己コントロールし始めたのは、持病を持ってから。あの時に自己管理を始めたので、いまでも元気で、主治医にも評価されていると思います。

本人は「若い頃にくらべて…」自分自身の一番最上級と比べガッカリするのです。

しかし、外側から見れば…とんでもなく、元気にしか見えません

360度周りは自分

母の話を聞いていると、80代、90代で元気でいる方ばかり。

それは、自分自身がどれだけエネルギッシュであるかを表しているんだよ『類は友を呼ぶ』っていうでしょ✨というと、「ほ~」っという感じでしたが、じわりじわりと理解しているようです。

 

自分で自分の世話をする

車での移動が多く、足が痛いと話しており

雪のシーズンはウォーキングもできないので

ラジオ体操をすすめております。

できない時は、色んな言い訳をしておりますが、ほぼ毎日やっているようで、時間を見つけてストレッチしたり。

「ラジオ体操続けていたら、ふらつきが良くなってきたわ~♪」

自己コントロール!すると、ふらつきが良くなってきたようです

嬉しい効果が表れ、継続させている自分を認められるようで嬉しそうにしていました

 

ふらつきの相似形∽

ふらつき、ふらつく

【「された」は「した」】に当てはめると

振り回された(被害者意識)

振り回した(加害者が先にある)

 

自分自身が、過去『振り回した』をやっているのです。

そして

【360度周りは自分の深層意識の部分の鏡】

私自身が幼少期に、家族を振り回していた…

幼少期の自分自身は

家族を振り回していると思っていませんよね?

 

【自分はできないから、できる人がやってくれるのが当たり前でしょ~。やってやってー】と思っているのです。

⬆️

このインナーチャイルドがある場合

大人の現在「やってやってー!」「やってくれるのが当たり前でしょ!」という

【世話を必要とする人】

【必要以上に手のかかる人】

そんな人が家族や、職場、友人…に存在しているはずです

 

自分自身のインナーチャイルドが

おもいっきり勘違いして、思い込んでおり、『世話されるのが当然』で、『やってもらって当たり前だから~』と信じて止みません。

 

これでは、周りは成長せずに、手を焼く人がどんどん存在してきます。

 

そこで、このインナーチャイルドをしっかりと成長させるために、癒し、しつけ、教育する必要があるんですね♪

 

チャイルドセラピスト講座では、ここを4~8ヶ月かけてしっかりと成長させます。

自分自身も本当に変わりますが、周りが本気に変わりますよ♪

70過ぎた母も変わるんですから♪