Mind Theater

潜在意識から自己価値と美意識を成長させるセラピスト マユミです

 

周りは自分を攻撃するんです

攻撃されないように、事前にルールを作っています。ルールを知らないんですよ。なのにGさんは色々と言うんですよ!被害妄想です!だから、最初から○○は、△△です!と言っているのに。Gさんはわかってない…

 

どうしたら、理解してくれるのでしょうか…💧

 

 

というAさんのご相談です

自分は事前に提示しているのに、それに従わない人がいて、勝手に色々と文句をつけてくるんですね。

 

 

本当に、相手は攻撃する人?

どうやら「攻撃される」ということが問題ですね

Bさんが、Aさんを攻撃した人Gさんに聞いてみました。

Gさんは「いえいえ、ルールの事はわかりました。単純に意見を言ったり、質問をしたんですが何だか急に、ムキになって…攻撃なんてしてません。普通に話してたのですがね。」

 

問題を観察してみる

・トラブル防止のためにルールを作った

・ルールに従わない人が多い

・トラブルが発生する

 

『された』は『した』

 

『された』と感じるなら

自分自身が『された』ように感じることを…

95%の潜在意識は知っています。

なぜなら

過去に『した』経験があるからです

5%の表層意識は既に忘れ去り、忘却の彼方です

 

 

自分自身が、意識の中で感じることは

自分自身の、思考の型を見ている

ということなのです

 

Aさん自身が、『攻撃する人』というのが始まり

Gさんという<相手>に対して

「あの人は攻撃する人だ!」と感じるならば、

 

どうやら、自分自身が元々≪攻撃性のある人≫ということを疑う必要があります。

いまの自分自身が「こんなに丁寧にわかりやすくしている」と思っていても

現象として起きているのであれば

その思考の種があるのです

 

そして、その種は6歳以下の幼少期にあります

 

 

親は攻撃する人だ!と勘違いしていた幼少期

6歳以下の幼少期に

自分自身のルールでやる子だった

↓ ↓ ↓

<マイペース>ですすめること

<自分のタイミング>を優先してきたのです。

 

やりたいようにやる子だった…💧

 

親は、子どものやりたいようにやらせていたでしょうね。

しかし、それはずっとは続きません。赤ちゃんの時はそれで良かったでしょうが、成長するにつれて、やり方は変わるのです。

できる自分になる(成長する)ということは、集団生活(家族という”他”がいる生活)を送るために、協調性が必要になってきます。

[例えば]

・ご飯を家族で一緒に食べる

・一緒に出掛ける(決まった時間に出掛ける)

・順番にすすめる(お風呂や洗面など)

・時間通りにやる(勉強や起床、就寝)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『見たいテレビがあるから』と一緒に食卓につかない。

時間に合わせて支度ができなく、周りを待たせたり、手伝わせて<できない自分><一番遅い自分>に合わせてもらっていた

「次に○○するんだよ」と言われ返事をしても、いざとなるとやらずに、後がつかえる

計画してもその通りにやらないので、後でしわ寄せがくる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなときに

「だからもっと早くやりなさい!」

「だからもっとペース上げなさい!」

と親に言われていた。

 

それを

『親は攻撃する人!』と勘違いしているんです。

当初の(赤ちゃんの時の)

『合わせてもらって当然でしょ!』という傲慢な”子どもごころ(インナーチャイルド)”

インナーチャイルドは

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分に合わせて当然でしょ!思い通りに合わせてくれないのは私をキライなんだね、だったら困らせてやる!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな風に

 

自分自身の信じ込みを作り出したのです。

この≪信じ込み≫は潜在意識の中で、型を持ち、パターンとして繰り返します

 

・トラブル→困らせる

・ルール→思い通りにしたい

という相似形のパターンとして現象化するのです

 

“子どもごころ”はいつも怒っているのです

合わせるべきは幼少期の自分自身

いまAさんは困っています

あの時の親とおなじなのです

ですが

いつまでも相手を自分に合わせようと怒り

思い通りにするためにルールを作った

 

Aさんは幼少期の時の自分自身(世界が狭いので成長を促す人は、攻撃する敵と感じる)

Gさん=成長の段階の”しつけ”をしてくれた親

Aさん=思い通りにしたかった幼少期の自分自身

 

Aさんには大人のこころもあるので

同時に”困っていた親”の部分も感じています

 

ここからは真逆に行くとき

【親は成長を促す人】とする時です

≪成長させる言葉=攻撃≫と感じていた

≪成長したくない自分自身だった≫

親に世話される方がお得だと感じた✨子どもごころ(インナーチャイルド)

 

 

親は自分に合わせろ!と怒って攻撃していた幼少期の自分自身がいたんですね~

 

 

個人セッション

ショートセミナー

現象に表れている

ご自身の潜在意識の深い種を発見し

現実を変化させませんか?

Mind Theater

サンプルページ

info@mindtheater7.com