相手にお願い事を申し出る
「え~」と言われ
渋い顔をされる

1度は経験ありませんか?

相手は

母親
父親
兄弟姉妹
子供達
友人
知人
同僚
上司

そして…自分

ワタシ自身も
相手に同じことをしている過去が
絶対にあります

“されたことは過去に誰かにしています”
よーく、見つめてみましょう

相手の
「えー」渋い顔
言われたとき
正直「やっぱり!」ってイラッと
しませんでしたか?

ということは
この「やっぱり!」を
願っていたという事になります


なんで?なんで?違うよー
そう思うでしょ?

イメージしましたよね?
私    :「○○」とお願いしたら
相手:「なんで○○?」と聞かれ
私    :「○○だから」と言い
相手:「えー、そうなの」
私    :「それなら、もういいわ」イラッ
相手: 渋い顔

すんなりOKするはずない!

そう思ってますよね?

では
お願いしたことは
自分にとってどんなお願いでしたか?

自分には価値があることですよね
しかし
相手には価値がないことに見える

ということは
自分には
価値がないんじゃないか?

そう感じている意識があるということ

更に言うと
それを得ることが目的になり
その先に得たいモノが不明確
だから
鏡である相手が
そこを指摘してくるのです

また
自分が今より過去にしてきた事を
一つ一つ認めて褒めないから
相手も功績を讃えてくれないのです

価値ある自分は
自分で創りあげる

サグラダファミリア
1882年着工
2026年にいよいよ完成か

https://youtu.be/RcDmloG3tXU
CGでの完成予想動画

世代を経て完成されるもの
成長を遂げるということの本質

相手に協力をお願いすることも
一人ではできない
何かを成し遂げるため
一度断られて諦めるくらいなら
やらない方が得策

息子はやってもらうまで
相当しつこい!↔粘り強い!

チャイルドの欠点は強みに変換

4月21日金曜日 10時~

自己価値を上げるオセロワーク

自己評価
自己価値
ドンドン上げて
周りに認められる自分になりませんか

色んな場面で応用可能ですよ♪