Blue Winds 西谷真美先生による

「思春期のための心の筋トレ」講座のヒトコマ

『あ~、面倒!』と感じたときに…

思春期は第二次成長期でもあります

第一次成長期とは違い

自分の意思を持って

自己を見つめ

子どもの中のインナーアダルトを芽吹く時期

 

 

『面倒』と感じる自分自身を感じ

親への気持ちをどうにかしたい!と感じ

親への気持ちを

大好きな母親だからこそ理解してもらいたい

そう思うのです

 

『面倒な事は大好きだったら取り除いてよ!ね♪お母さん!お母さんは完璧でいてよね!お母さんは強くあってよね!』

 

『愛』と『快』を履き違える、赤ちゃんごころ

完全な場所。

子宮の中は、完全無欠な世界でした。

『あ~、あそこに戻りたい…』と

布団から中々出られないのです(笑)

 

しかし、子宮はからだをつくる場所で

作られたからだで

創造性を試す場所ではないため

実は、と~っても退屈な場所になるのです。

 

そうして…

飽き飽きしてきた完全無欠から

出ると決めるのです

 

赤ちゃんとして産まれると…不快な世界へ

「ま、まさか~!思ったらすぐ出る!タイムラグのない世界ではないのか~」泣く

「早くこの不快(ストレス)を取り除いてよ~」泣く

「オシッコ出たよ~気持ち悪いよ~」泣く

「抱っこしてよ!お母さんでしょ~」泣く

「構ってよ~」泣く

「一人にしないでよ~」泣く

 

あぁ~、泣いて知らせるのも面倒だよ~

だから、ずっとくっついててよ~

 

不快(ストレス)を取り除いてくれる人は

快(リラックス)をくれる人に感じ

快=愛

だと思い込み

ストレスを取り除いてくれる人は

自分を愛してくれる人に感じる

 

その逆

不快(ストレス)を与える人は

自分を嫌う、否定する人

不快=嫌われた、否定された

 

こんな赤ちゃん期の≪型≫が出来上がり

この≪型≫が

その先の人生に拡大形で起こり

ストレスを与える人は悪、嫌

リラックスを与える人は良、好

 

愛の定義を履き違えます

 

本当の『愛』とは

互いが『成長を促す』ことが前提にある

 

ーーーーーーーーーーーーーー

この相手を1mmでも

成長さでられるとしたら?

なにを選択するのがいいことなのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そう考えた場合

優しさ=正直に指摘すること

誉める時=期待以上の結果だったとき

理解してもらった=未来の大人の自分なら、チャレンジする!自分を理解している

好きな事自由にさせてくれる=1日1時間は好きなテレビやゲーム、遊びをやらせてくれてる

 

これらを『愛がない!』と逆手にとって

 

面倒なことから逃げる

自分を正当化しようとしているだけ

認めさせようと

ギャーギャー怒って

勝とうとしてる

 

ーーーーーーーーーーーーーー

苦手なことにチャレンジしてみよう♪

チャンスを掴んで

『やりたくないな…』『失敗したらどうしよう…』そんな、恐怖を感じたら○まぁ~るく、胸に一つ一つの居場所をつくってあげて

『やりたくないよね~』わかるわかる

『失敗イヤだね~』わかるわかる

居場所をつくって、いまの思いを味わい尽くす!

大きなあめ玉を最後の最後まで味わうように…

そのあめ玉は

最初は甘くて、次に酸っぱくて、次にトンでもなく激辛で吐き出したくなるが、最期に、と~ってもあま~く、まろやかな味わいになり

「もう一度チャレンジしよっかな✨」と思える

 

そうすると

抑圧してイヤイヤやることの能力よりも

50倍以上の能力が開花する

 

未来の自分は知っている♥️素直はお得♥️

本当の愛がわかったら、本物の大人になれる✨ということも…未来の自分は知っている