【父のルーツ】
入院したことがなく本当に健康な父
70半ばですが体力あるなー、と感心する程です

実家にて父の実家の話を聞いてみました

父の実家は馬具屋
旭川と札幌を結ぶ国道12号沿いで
営んでおりました

おじいさんは修行をし
自ら【馬具屋 平塚商店】を開業したそうです
(エルメスも馬具屋から…
兄が高級ブランドに関わるのも頷けます)

繁忙期には兄弟も製作に関わり
皮を縫ったりしていたそうです

その後自動車社会になり時代が変わり

兄弟は
石切場でダイナマイトで石を切り出す職
建設解体業
家具職人
医療機器メーカー

父はものづくりが好きで
土木の高校を選び
広島へ就職が決まったそうです

おばあさん(父の母)はそれはダメだ!と
おじいさんの知人の市議会議員の紹介で
札幌市職員となり下水道部に配属されたそうな

ーーーーーーーーー
自営業者の中で公務員?
ーーーーーーーーー
そう思っていたのですが…
公務員になろう!と思っていた訳ではなかった
むしろ
当時の公務員は給料も安く
人気職ではなかった様です

その当時の土木技術者は
日本中で引く手あまただったそう

札幌オリンピックの開催もあり
また
札幌という街がどんどん拡大していた最中
まだまだ設備が整っていない街に
下水道を普及させトイレの水洗化
生活を便利に快適に清潔にしてくれた
事業に加わっていた一人だったのです

公務員という役割は
世の人々が当たり前に便利に
自立した生活の基盤をつくるために
特殊な仕事を担っているものだと

父は高卒から定年、非常識職員として
長きに渡り地味に地道に社会貢献してきた

馬具という道具の役割と同じように
なくてはならないものづくりに
関わってきた素晴らしい父です

Mind Theater
http://mindtheater7.com/

 

画像お借りしました